【あなたはどっち?】右耳・左耳で電話する人で違いがあった!それぞれの特徴とは

あなたは電話をする時、右側・左耳どちらで聞きますか?

普段はあまり意識していませんが・・・

気づけばいつも決まったほうで電話をしていませんか?

実は、右耳・左耳で電話する人で違いがあったのです!

今回はそんな、右耳と左耳それぞれの特徴をご紹介します。

右耳・左耳の働きの違い

人間には左利き・右利きの違いがある様に、

耳にも利き耳があります。

アメリカの研究で分かったことですが、

右脳と左脳が違う働きをする様に、右耳と左耳では

働きが違うと言う事が分かってきました。

左耳で聞いた情報は右脳へと伝達されやすく、

右耳で聞いた情報は左脳へ伝達されやすいのです。

簡単に言うと・・・

左脳は言語脳

言葉・会話/記憶/分析推論/論理的な思考 など

右脳はイメージ脳

イメージ/身体感覚/図形の認識/空間の把握 など

このことから、右耳・左耳それぞれの特徴がわかってきました。

それがこちら!

右耳の特徴

言語の習得や外国語の勉強には

右耳から聞いた方が効果的だという研究結果が出ています。

また、右耳から頼み事をされると

承諾してしまう可能性が2倍高いという結果も出ています。

なにか人に頼み事をしたいときは、

相手の右側に立って話をするといいかもしれませんね!

左耳の特徴

仕事でクレーム対応する様な場合には

左耳から聞いた方が問題なく処理出来ることが分かりました。

また、右脳は創造性や喜怒哀楽といった感情を担っているので、

恋人と電話するときなどは左耳に当てて話すと

盛り上がるそうです。

女性をデートに誘ったり、あるいは口説いたりするときは、

左耳に話しかけて右脳に響かせると良いでしょう。

成功率が格段にアップするかもしれませんよ!

ネットの反応

・右耳と左耳を意識して使い分けるべきだな。

・利き耳があるとは知らなかった!オレは左だな。

・クレーム対応するには、左耳で聞くといいんだね。

・頼み事する時は相手の右耳へ話しかけよう!

引用元:https://ape-news.tokyo/archives/10496,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント