【武勇伝】ぼったくりバーで5分、ビール1本だけで「30万円払え!」俺ニヤニヤ「責任者呼んで来い」⇒ その後の驚愕の展開とは・・・

客引きに連れられ、とある「ぼったくりバー」に入った3人の男

新宿歌舞伎町や錦糸町と言った危ない雰囲気を醸し出す繁華街には、まだ「ぼったくりバー」という店が存在します。

この手の店の特色として客引きがしつこく声を掛けてくる点です。絶対に相手にしてはいけません。

しかし今回はそんなヤバい店に入って、予想通りのトラブルに遭遇した男のお話を紹介します。

とある会社の経営者である男性が、社員2人を連れて夜の繁華街に飲み行きます。何軒かはしごした後に客引きに捕まり、ボッタクリバーへと連れて行かれます。

5分で『お会計は24万になります』

その店はライトな性的サービスを売りにしている店でした。男たち3人はそれぞれ女の子が付き、一旦席につきビール1本頼んだだけなのですが…

5分もしないうちに「はい、お時間です。」の声がボーイから掛かり、しかも会計が一人8万円で合計24万円という法外な値段!

そこで男は店のボーイに対峙します。

おれ、こういう状況になると、ハラの底でニヤっと笑うクチ。

「にいちゃん、責任者呼んで」

「オレが責任者じゃ!金払え!」

「おまいじゃ話にならん。悪い事いわんから上の人間呼んでこい」

ブツブツ言いながら携帯で誰かに連絡してる。しばらくすると年配のおっさん登場。「何かご料金の事で問題でも?」

「別に問題無いが、払いたくない。とは言ってもアンタもメンツがあるだろうから、迷惑料として一人1マソずつ置いて帰ってやるよ」

「お客様、ふざけてもらっちゃこまりますよ」

すると・・・

「頼むからもう帰ってくれ!」店に悲鳴を上げさせた男のテクニック

店の責任者を名乗る男が出てきても男は一向に怯みません。

オレ、ず~っとニヤニヤしておっさんを見つめてる。

「なぁおっちゃん、生きてきた中で、あの時素直に相手の言う事聞いてりゃ良かった、と思った事ないか?今日は気持ちよく呑んで気分が良い。こんな事で上煩わしたらせっかくの夜が台無し。また上の機嫌も悪うなるここは大人になって、一マソ受け取ってお互いチャラにしような」

この切り返しと脅し文句はも事ですね。相当な修羅場を踏んできたであろうと想像できますね。

男のただならぬ余裕っぷりに店のオヤジも不安になり一旦奥に引っ込んだ後、男に「当店にはキャンセル料というシステムがありまして、1人1万円で結構です」と告げました。

しかし男は「今千円しかないから口座教えてくれ。後で入金するから」というと店のオヤジは我慢の限界が来たのか、逆ギレして 「もう1万円もいらないから帰ってくれ!」と叫びました。

結局男たちは1銭も払わず店を出られたのです。

男は今まで数多くの修羅場をくぐってきて、そんな中には前歯を折られたり、内臓破裂手前の目に遭ったこともあるとか…

ネットの反応

・ハッタリが効くほど物凄い人相だったんだろうな ・この男、イカれている… ・態度がでかいので店のおっさんがKの人か又は893の幹部と勘違いしたんじゃないかな? ・まあネタだと思うけど、こんなことやってたらいつか死ぬぞ

引用元:http://m-plus.club/archives/7670,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント