【知られざる情報が隠されていた】運転免許証の12桁の番号に秘められた意味をご存知ですか?

運転免許取得者であれば、いつでも持ち歩いている運転免許証。運転免許証には住所、年齢、生年月日や免許の種類など様々な情報が載っていますよね。

しかし、有効期間のチェックはたまにしているものの、その他の項目をあまり気にしたことがない方も多いかと思います。

そんな中でも、免許証上に記載されている『免許証番号』には”免許試験の点数”や”免許停止の履歴”などが隠されているという都市伝説がある程、謎な番号とされています。

実はこの番号、ちゃんとした意味があるって知っていましたか?そんな免許証番号に秘められた【本当の意味】をご紹介します。

そこには意外な意味がありました。

この例から解説していきます。

【公安委員会番号(1~2桁目)】

初めて免許証の交付を受けた、都道府県の公安委員会の番号です。各都道府県の数字一覧はこちらです。

【取得年(3~4桁目)】

これは初めて免許証の交付を受けた西暦の下2桁です。2015年に発行した場合、「15」です。

【各公安委員会の独自管理番号(5~10桁目)】この6桁の数字は、各都道府県の公安委員会が独自に決めている管理番号です。その数字の意味は公表されていませんが、頭の4桁だけピンクに色分けされているので、ちょっと気になります

【入力ミスの確認用番号(11桁目)】

これは免許証だけでなく、クレジットカードでも使われる入力ミス確認用の数字「チェックディジット」です。

チェックディジットとは、ある難しい計算式があり、1~10桁目の数字で決まる番号で、この番号で、入力ミスの確率が高い「1文字だけ間違い」と「隣合う2文字の入れ替え」を発見できるという、何やらすごい仕組みなのだと

【再発行回数(12桁目)】

免許証の紛失などで再発行された回数です。

この数字が大きいと「よく無くす人」と思われちゃいそうですね。

ちなみに交付日の横にある5桁の数字は、免許の手続きの詳細が分かるそうです。

公安委員会の内部検索用で、これも各都道府県ごとに違います。

傾向としては、頭2桁が免許センターの番号、即日公布か後日交付で、下3桁が交付した免許証の通し番号となっていることが多いようです。

あまり意識して見る事の少ない免許証の数字群。

免許証には、様々な情報が載っているのですね。

暇な時に免許証を見ながら、当時の記憶を思い出してみてはどうでしょうか?

引用元:https://cadot.jp/topics/8973.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント