とあるコンビニが『トイレの貸し出し』を辞めた結果 → 衝撃の真実発覚に考えさせられる・・・

外出時、トイレに行きたくなったときコンビニを利用したことのある人はとても多いのではないでしょうか。

逆に、今ではコンビニのトイレが使用できなければ他のトイレを探すのも一苦労、かなり不便になるのではないでしょうか。

しかし2020年6月現在、コロナウイルス拡大に伴い、多くのコンビニが「トイレ貸し出し中止」に踏み切っているのだそうです。

そんな中、トイレの貸し出しを辞めたとあるコンビニでは、その結果、衝撃の真実が発覚しとても考えさせられることがあったという・・・!

そのツイートがこちら!

いまやリーマンショック以上ともいわれる不景気に突入しようとする中で、月3万はかなり大きいですよね・・・!

とはいえ、やはりネット上では「辞めても仕方ない」という意見と「困る」という意見に分かれているようです。

Twitterでの反応は…

何気なく利用していたトイレですがみんなが使うとこれだけお金がかかっているんですね。

とても考えさせられます。

それも込みでコンビニのサービスとしているのであればそれもいいかもしれませんが海外のように何らかの工夫を取り入れるというのもいいかもしれません。

ただ、突然の腹痛などの場合コンビニのトイレの存在はとてもありがたいものですから利用できるままだといいなと思ってしまうのも正直なところです。

やはり有料化が現実的なのでしょうか。

引用元:https://m-plus.club/archives/9577,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント